男里川河口

尾崎の浜のテトラポッドの下、甲羅が紫色でハサミの根本が黄色いハクセンシオマネキばかりです。色の違いは集団毎のD...
4月3回の大潮コンプ、チュウシャクシギの飛翔シーンでしめます。
太宰の津軽同様、故郷の泉州へやってきた自分です。何十年かぶりだった太宰に対して自分は2週間ぶりです。
まだ春のシギチの渡りは始まっていないはずですが、もう待ちきれません。少なくともシロチドリには会えるはず。
シギチの秋の渡りはとっくに終わっているはずですが、新しいカメラを試してみたくて男里川河口へ。
種類、数ともかつてない小さな仲間たちオールスターキャストに大感動。
期待通りトウネンとソリハシシギに会えたけど、シロチドリに全然会えなかったのがいささか心残り。
大潮で関空島の干潮ピークは13時、この日を待ってました。台風もまだ大丈夫っぽいです。
ハマヒルガオとコチドリ。こっちの存在には気づいているはずも警戒心ゼロ。お友だちとして認めてくれているようです。...
いつものように、ぼんさんがへをこいた、とつぶやきながら少しずつ近づきます。
シロチドリが11羽います。探してみてね。
シロチドリだけじゃなくて、ハマシギも一緒になって寛いでます。全部で15羽くらいかな。
ガザミ(ワタリガニ)の一種、美味だそうです。甲羅10cmサイズになるらしくまだまだ大きくなるはず。
初見のマメコブシガニ観察記録とコメツキガニの悲しい物語です。
大潮で干潮は午後2時10cm、終日晴れ、そして大阪府は緊急事態宣言解除で男里川河口へまっしぐら。シギチの春の渡...
ボラのジャンプがバッチリ撮れました。50cmはありそうです。ヒドリガモのタケノコ。
鳥が少なくても楽しみいっぱいの男里川河口から新世界、我孫子道へ。
冬羽のダイゼンです。ダンディな夏羽と違って、大きな丸い目が際立ち、えらく可愛いです。