DrupalにTinyMCEを組み込む

ブログのリッチテキストエディタでポピュラーなものにTinyMCEとFCKEditorがありますが、いずれもDrupalのモジュールが配布されています。かなり苦労してTinyMCEを組み込みましたので、まとめておきます。
モジュールの入手
モジュールはこちらからダウンロードします。これはDrupalとのインターフェースとなるモジュールで、TinyMCE本体が必要です。本体はこちらからダウンロードします。

ここで要注意なのですが、最新バージョンの3.1.1ではなく、2.1.3にしましょう。実はこれで随分悩みました。3.1.1ではエディタをオンオフするjavascriptのエラーが発生します。2.1.3だとOKでした。(Drupal5.xの場合)
モジュールのインストール
Drupalのモジュールをドメイン/site/all/modulesにインストールし、その中に本体をインストールします。つまり本体のディレクトリはドメイン/site/all/modules/tinymce/tinymceになります。

これでモジュールを有効化したら、まず、アクセスコントロールで利用できるユーザを指定します。その上で、サイトの環境設定>tinyMCEを開き、プロフィール設定をします。プロフィール名は何でも構いません。

Basic setup→もう一度利用できるユーザをここでもチェックしておきます。Default state:enabled、Allow users to choose default:false(ユーザ毎にエディタの有効無効をデフォルト設定できない)、Show disable/enable rich text editor:true(ユーザがエディタをオンオフできる)、言語:en(jaにする場合は別途TInyMCE本体の日本語モジュールのインストールが必要です。試したところどうもうまく行かず、アイコンだけで十分通じると解釈し今回は見送りました。)

閲覧の制限→デフォルトではnode/* user/* comment/*になっています。コメントにリッチエディタはうざいと思われ、comment/*は削除します。

Buttons and plugings→スクリーンショットのように一覧からエディタに追加する機能を選びます。

Editor appearance→Toolbar location:top、Toopbar alignment:左寄せが使い易いと思います。

だいたいこんなところで、Updateボタンを押して、設定完了です。

コメント

私もTinyMCEのインストールにトライしてみたのですが、どうしてもうまく行かず、結局諦めてFCKEditorにしました。
ちなみにTinyMCEとFCKEditorって、どちらがいいとお考えですか?

このコメントをいただいて、FCKEditorも試してみました。
インストール自体はTinyMCEとあまり変わらないですね。IMCEも同様に有効でした。ちょっと設定が必要なようですが、IMCEとかがなくても画像アップロード・管理機能の実装もできるようですね。
言語認識機能があって、自動的に日本語になるのには驚きました。ただ、ボタンの追加とかはちょっと入れてみただけではよくわかりませんでした・・・
ということで、カスタマイズのしやすさから自分としてはとりあえずTinyMCEですね。

ところで話が少し逸れますが、FCKEditorもしくはTinyMCE+IMCEの環境で、Lightbox2を使うことは可能なのでしょうか?

HTMLを開いてリンクタグにrel="lightbox"と追記すればLightbox2は使えます。まだ試していませんが、cssのクラスで追加する方法がこちらに紹介されています。

できれば一般ユーザの方にはHTMLを意識せずにシームレスに使える仕組みがあればうれしかったのですが、cssのクラスで追加する方法がそれにあたるのでしょうか?一応読んでは見たものの、"Lightbox2 Automatic image handling settings page "の場所にどうしても辿りつけませんでした。Lightbox2のバージョンの違いのせいかしら?

[...] TinyMCEが使えなくなった Published by mas10 on 2009 年 3 月 13 日 in 古材・木工. Drupalで作成している本サイトで、TinyMCEが機能しないページが出てきて、具体的にはコンテンツタイプが「ページ」のコンテンツで機能しなくなっていました。 設置は、「DrupalにTinyMCEを組み込む」にあるように、Drupal5.xではTinyMCEのバージョンに気をつけないといけないようなので、これを参考にいろいろと苦戦して、組み込んでいました。 [...]

[...] 以前の手順等はこちらにまとめていたのですが、TinyMCEのバージョンで問題が出たり、うまく日本語かできない、IMCEが機能しない場合がある、といった問題がありました。その辺りの問題もWYSIWYGモジュール、さらにIMCE WYSIWYG API BRIDGEモジュールで一挙に解決できるようになりました。 [...]