コンビニ深夜営業規制案絶対反対!

CO2削減を名目に埼玉県、京都市、神奈川県がコンビニの深夜営業自粛を促す条例を準備しているとか、石原都知事も基本的に賛成だそうです。自分は高校生の時以来、完全な夜型人間ですが、トンデモナイ!

これを主張している人たちにすると夜型人間が地球環境を破壊しているそうです。もうちっと論理的根拠を示さない限り、自分たちのライフスタイルに反する存在を、エコを名目に、感情的に叩いているとしか思えません。

例えば、コンビニが自分にとって冷蔵庫になっている人も少なくないはず。そんな人たちに、エネルギー消費量がメチャ高い大型冷蔵庫を買えということでしょうか?それが昼間の電気使用も圧迫するはずです。電気とういものは溜めておけるものではなく、消費量に対して、必要な生産をしているわけで、消費のピークとなる昼間に合わせて生産している訳です。深夜のコンビニ営業なんて電気の消費には殆ど関係ないはずで、電力消費量を抑えるためには、逆に時間を分散して業務をするとか対策すべきです。

既に日本の大都市では24時間稼動を前提に生活が営まれています。コンビニの店員さんだけでも何万人もいるはずで、その人たちの雇用とかはどうするというのでしょう?深夜にシステムをメンテナンスしている人たち、深夜に創作活動をしている人たちがゴマンとします。その人たちに職業を変えたり、ライフスタイルを変えることを強制しようとするなんて、絶対に許せません!

エコロジーの観点から何かを規制するのであれば、どう考えてもまずクルマです。直接大量のCO2を排出しているこんな分り安い規制対象はありません。エコバッグなんてのも、ちゃんちゃらおかしいです。自動車産業が日本の経済を支えている、なんてことは完全に一方的な見方で、深夜にシステムメンテをやっている人や深夜に創作活動をしている人たちも日本経済を支えています。

私はこういう、論理的根拠なく自分の価値観を押し付けてこようとする人たちが一番嫌いです。世の中にはニワトリもフクロウもいます。もともと習性が異なるニワトリとフクロウの両方がいるから世界が成り立っているのです。今回の規制案はニワトリがフクロウにお前も早起きしろ、と強制しようとしているようなものです。そんなことになればフクロウは生きていけません。がんばれフクロウ!

コメント

私は神奈川県鎌倉市七里ガ浜町内会の者なのですが、七里ガ浜海岸にセブンーイレブンが出来てから、
暴走族、改造車族、旧車会、深夜花火族などが集まり、一晩中続くロケット花火の騒音で、
住民の中には不眠で入院するものも出ました。
セブンーイレブンに買い物客以外停めさせるなと言っても、完全無視。
そこで、今では、鎌倉市民の税金を投入して警備員を雇い、7月1日から8月31日までの午後9時から朝の5時まで、
毎日七里ガ浜海岸を警備しているような状態です。
セブンーイレブンは、「巨悪」そのものですね。
七里ガ浜セブンーイレブンは、深夜でも2~3分おきに車が入って来て、驚きます。
暴走族の苦情も多く、毎日、毎晩、110番され、警察が取り締まりに来ますが、
セブンーイレブン駐車場の中なので、道路交通法で取り締まれず、警察も苦慮しています。
あれは鎌倉とは思えない光景で、環境破壊そのものです。
一度、見てやってください。驚きますから。
そのあまりにヒドイ様子を写真やビデオで撮って、いろいろな人が公開してくれると嬉しいです。

深夜に必要なのは分りますし、車から規制するのは分るのですが規制出来る事から始めて行けば
ちりが積もれば山となるでかなりの節電になると思いますし、コンビニの方の人間らしい生活も
維持できます。
それに、深夜営業だと人手不足で人きませんから雇用が無くなることはほとんどありません

コメントありがとうございます。5年前の投稿にコメントいただきちょっとビックリしています。

その後、コンビニの深夜営業規制が始まったとか聞いたことがないので、実施されていないと思いますが、読み返してみると、自分の投稿は元々都心を対象としたつもりで書いたもので、七里ヶ浜の方のご意見には全く異論がありません。

地域の生活環境を守るための規制であれば必要だと思います。深夜のコンビニは池袋には必要ですが、鎌倉ではない方がいいかと思います。あくまで地域特性次第かと思います。それをCO2削減を名目にじっぱひとからげに実施するのはおかしい、という自分の見解は変わりません。

今や5年前のCO2規制とかもあまり聞かなくなりました。コンビニのレジ袋は依然として健在です。CO2より放射線をどうするかのほうがよっぽど重要になったということもあると思いますが、原発事故以来、かなり積極的な節電とか、観念的なものではなくより現実的な方法で環境保護が進展するようになったと感じています。

一方、東京都で地下鉄やバスの24時間営業というプランも公表されました。地下鉄は夜間の保線のためすぐには実行できないようですが、まずは六本木-渋谷のバスで始める計画だそうです。

同様に都内でも世田谷で24時間のバスは要らないでしょうから、地域特性に沿った現実的な施策がなされものと思います。

5年間の社会の変化って意外と大きいな、と改めて感じました。