KeyHole TV

デスクトップ機が壊れ、PCIカードのチューナーカードで見ていたテレビを見ることができなくなりました。

テレビを見ることはそんなに多くは無いのですが、それでも見たい番組が無いこともありません。ジャンクボックスにあったUSBのチューナーをつけてドライバをインストールしてみたものの、音が鳴りません。調べてみたら、このチューナーのメーカーも存在しなくなっているようで、新しいドライバとかも入手は不可能のようです。

そんなこんなで、見つけたのがKeyHoleTVです。ネットのP2Pで見ることができるテレビです。

7347102304c508a54139b5a605d4bfd3

これで原寸大です。ワンセグより少し大きいくらいですが、画質はワンセグよりかなり劣ります。スムーズに受信できれば音質は聴くに堪えるレベルです。たぶんパソコンの画像処理速度の問題ですが、自分のノートパソコンだと、時々画像と音がずれてしまいます。

東京の民放キー局は全部常時配信されているようです。NHK総合も見ることができます。それよりありがたいのがJ-WAVEです。常時ではないみたいですが、ロケットマンショーとか以前ストリーミング配信されていたこともあり、首都圏以外でもファンが多くロケショー用という配信もあります。

たぶん著作権的にはグレーな感じはします。著作権以外の法律に抵触する可能性もあるようですが、Wikiにあるように総務省自体が開発を支援したソフトらしく、もっと有効活用、あるいは認められてしかるべきソフトではないかと思われます。

ニュースなどはネット上のニュース配信で情報はゲットできるものの、例えば台風情報とかは、やはりテレビのリアル感にはかないません。また日本の番組を世界のどこでもネットに繋がっていれば視聴できるメリットは、海外で生活している方や、旅行者にも大きなメリットのはずです。

録画の機能はありません、というかこの画質で録画しようとはとても思えないクォリティです。それでも情報としては十分に価値があります。権利者の権利を侵害するとはとても思えず、法律面でお目こぼししても、まず問題ないと思われます。

災害情報配信などにも十分な役割があるはずです。著作権とかの意義を超えるもっと大切な意義があるはずで、もっとうまく活用されるような方向にぜひ進化して欲しいなと思います。