Google Chrome vs Firefox

Google Chromeがかなり使い易くなってきましたね。やはり起動の速さ、表示速度の速さはすばらしい。Gmailを即チェックしたい時なんかは、ホントありがたいです。

起動時に「よくアクセスするページ」というローカルファイルを開く発想は、なぜ他のブラウザがやって来なかったのか、やっていないのか、不思議なくらい優れた発想だと思います。

ブックマークのインポート機能もできましたね。ただこのところ、ブラウザのブックマークは殆ど使わずに、Google Bookmarkや「はてな」を使う場合が殆どなので、これはどうでもいいです。あと、Chrome用のGoogle Toolbarが欲しいと思っていたのですが、考えてみたら、Google Bookmarkさえ使えれば問題ないわけで、Google Bookmarkをツールバーのリンクに追加するだけのことでほぼ、Firefox用Google Toolbarと同等の機能が実現できました。

で100%普段はChromeになったかというと、ウェブ屋としてはやはりFirefoxが手放せません。ブラウザチェックだけじゃなくて、特にサードパーティ製のアドオンがFirefoxならではの多くの機能を実現してくれます。まずFirebug。Chromeでも要素を検証というウェブ屋向け機能があるのですが、Firebugsが圧倒的に使い易いです。マークアップの要素毎に、その親要素、子要素のスタイル設定が簡単に調べられ、いつもぐちょぐちょの自分の書いたCSS(見易さとか殆ど意識せずに、有効性ばかり優先して記述してます・・・)でも、どの行に書いたか一発で教えてくれます。

もうひとつはUser Agent Switcherです。携帯サイト対応はいろんな場面で求められるものの、当然いろんなキャリアの機種で実際にチェックする術はありません。これまでは、各キャリアのサイトで配布されていたエミュレーターを使っていたのですが、このUser Agent Switcherでエミュレーターが要らなくなりました。

これでiModeなど、国内各キャリアや機種でどのように表示されるかをチェックできるだけではなく、iPhoneもチェックできるようになります。

Googleがサードパーティ製アドオンやプラグインを積極的に受け入れるとは考えにくく、様々な便利ツールは今後もFirefoxメインであることは多分変化ないと思われます。

ということでChrome vs Firefoxではなく、やはりChrome+Firefox vs IE なんでしょうね。