SONY VAIO

ビックカメラなんば店のマック売場が、小さなアップルストアみたいな感じにリニューアルされていました。でもビックカメラは照明がキツすぎて、せっかくおしゃれっぽくつくっても落ち着きが感じられず、心斎橋のアップルストアのように長居したいといは思わないですね。それより、そのとなりのVAIOのコーナーを見てビックリ。

目がチカチカするような、彩度のキツイ、グリーンや紫、オレンジ、ピンクのノートPCがずらりと並んでいます。VAIO Eシリーズというそうです。Pantoneのライセンスでカラーバリエーションを揃えたソフトバンクの812SHを真似たマーチャンダイジングと思われますが、いかんせん、Pantoneのように練りこまれたカラーリングじゃなくて、簡単に言うと超ダサいです。

キーボードの部分が筐体と別の色に変えられるようになっていて、紫とキミドリとか、ピンクとスカイブルーとか、ちょっと気が変になりそうな配色もあります。当然画面はスクリーンより、周囲の筐体の色の方が目立つわけで、これで落ち着いて、仕事したりとか、ネトゲーやったりとかは、ちょっと考えにくいです。日本が誇るべき世界のSONY、どうしちゃったんでしょう?

かつて自分もVAIOを2台買ったことがあります。ウォークマンが発売された時にも逸早く買いました。祖父がSONY好きで、子供の頃からわが家のテレビはトリニトロンと決まっていました。

パソコンは機械であり、まず優先すべきはその機能であり、その美しさは機能美として自然に発揮されるはずです。かつてのVAIOは他社製品より、コンパクトで使いやすいが故におしゃれでカッコいいデザインに仕上がっていました。初期のウォークマンもトリニトロンも機能美がありました。

ところがこのEシリーズ、そんなSONYの伝統をぶち壊すような、安直で下品とも思える製品、とても残念です。井深さん、草葉の陰で泣いているのでは?

VAIOこのEシリーズのサイトのフラッシュが質問に答えて、オススメのVAIOの配色がでてくるようになっているので試してみたら、自分用はこんなのがでてきました…(^ ^);

この質問の最後にPCでどんなことをやってみたい?というのがあって、インターネットやメール、表計算やワープロ、ネットショッピング…、ってなってます。クラウドサービスの時代じゃなくて、Windows95でた頃の発想でしょう、これは。

49800円と、かなりお安いのですが、たいして事業収益にはつながらないでしょう。もうSONYはパソコン売るのやめたほうがいいのでは?