鳳電車区

二日前、近ヒネ103系HK602編成が宮原へ疎開回送されたらしく、もう阪和線へ戻ってくることはないはずです。できるだけ103系の記録を撮っておくべく鳳へ行ってみます。

天王寺駅を発車するHK605編成。区間快速で鳳のひとつ先富木で下車、線路沿いを鳳電車区へ。

金網フェンス越しにHK603編成、表示幕がB快速新大阪、たぶんここにくる鉄ちゃん向けのサービスかと。

奥に見えるのは3枚窓ブタ鼻ヘッドライトのクハ103-148のHK605編成、さっき天王寺の出発を見送った編成です。

3連のHL101編成と6連から4連に組み替えられたHK609編成。

上屋の中で試運転表示のHK604編成と4連のHJ406編成。

電車区の鳳駅側に回ってみると、HK605編成は尾灯が点いたままでヘッドライトが店頭しています。表示幕が回転、一瞬「新快速・天王寺」に。

HK605編成はまだドアが開いたままで待機中。3番線ホームにはHK607編成。

鳳駅北側の踏切へ移動、HK607編成が発車。

HJ408編成が表示幕を回転させながら回送になって到着。

いつもの3番線には入らず1番線に入線。5番線にはHL102編成が東羽衣から戻ってきました。

HK605編成が出庫して3番線に入線してきました。1時間足らず束の間の休憩でまたお仕事、1番線、3番線、5番線に青い103系が並びました。

223系0番台×4連の区間快速が到着。この辺が羽衣線に転用されるのではと自分は推測しています。HK605編成が発車。

3枚窓ブタ鼻ヘッドライトのクハ103-148、ベンチレーターも残る昭和44年製、車内には扇風機があるはず。体質改善工事されないまま体質改善工事された車両と同じだけ頑張ってきました。

羽衣線に乗ります。羽衣線の4連対応ホーム延伸工事をしているはずですが、あれぇ?ホーム両側とも延伸工事なんていません。

クモハ103-2503の車内です。やはり広告ゼロに扇風機。

東羽衣駅はホーム延伸工事やってました。やはり4連投入の情報は正しいようですが、鳳の工事をまだやっていない、ということは来年春になっても3連の103系はまだ走っていそうです。

女子高生たちをいっぱい乗せて鳳へ戻ります。真正面に金剛山。

追記:その後、鳳電車区の上屋の中にいたHK604編成も宮原へ疎開回送されたそうです。あと6連が6編成、4連が4編成、3連が3編成です。