尾小屋鉄道

石川県の小松から銅山のあった尾小屋までを走っていた762mmのナローゲージ鉄道です。古いアルバムに貼ってあった順番からすると、大学入試が終わって、開放感一杯の春に訪ねたようです。

ここで大杉谷口駅とわかりました。車両は遠州鉄道からやってきたキハ3です。

トレーラーを牽くキハ3

DC121(たぶん)と除雪車両、自分には珍しくよく撮れている一枚です。

地元のとても魅力的な女性たちと…、たぶん金平駅にて。
受験中だとこんな写真は撮れなかったでしょうね。

新小松駅のキハ2

帰りに立ち寄った北陸鉄道小松線。

この旅は一人旅だったと記憶するのですが、現地でお友達ができたようです。4枚目の写真やこの写真は、旅の後、その方から送っていただいたもののハズです。でなければ自分は映りません。

1枚目でカメラを構えている方だと思われるのですが、思い出せないのが悔しい!

三脚まで抱えて本格装備の自分、それにしてはあまりにも下手な写真が恥ずかしいです。